Home > What's New

What’s New

淀川さんぽ~2~海老江干潟

2015年12月27日

 <淀川さんぽ 2 海老江干潟>                      2015.11.26 AM   小雨

 

大阪のターミナル梅田から、阪神電車に乗り3駅、わずか5分で淀川駅に。
200メートル
歩くと淀川左岸の堤防に行き着く。
海老江干潟は、淀川河口部から約5キロメートル上流
に逆上った、潮の満ち干の汽水域である。河川敷を水際に近づくと石積み護岸から砂礫地へと移行していく。
岸辺から10メートル位のところに、中洲が再生されているのが見える。潮が満ちてくると水中に沈む。

 

岸辺一体は、ヨシ、オギ、セイタカヨシの群落が広がっている。
淀川で、野鳥が多く見られる季節は、秋から春先にかけて、水鳥以外の小鳥
(ツグミ、ジョウビタキ、アオジ)(冬鳥)なども北の地方から越冬するために渡ってくる。

 

 

 

 

冬こそバードウォッチングと言われる所以である。カモの仲間のカルガモ(留鳥)ホシハジロ(冬鳥)、マガモ(冬鳥)、キンクロハジロ(冬鳥)、オナガガモ(冬鳥)、など約80羽が水面に浮かんでいた。
また、クイナの仲間のオオバン(留鳥)がヨシの周辺を回遊しているのが見られた。

 

ウの仲間のカワウ(留鳥)が、中洲で両翼を開いて乾燥させていたり、カモメの仲間のセグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ(冬鳥)が淀川上空を飛び交っていたりする。
この日、シギ・チドリの仲間は、イソシギ(留鳥)一種のみ、他のシギ・
チドリがこの海老江干潟に立ち寄っていくのは、春に北上するときと、秋に南下するときである。
ホオジロの仲間のオオジュリン(冬鳥)は、大陸からの渡り鳥で、ヨシ帯に見え隠れしながら捕食する昆虫を探していた。

 

ここ海老江干潟は、多様な野鳥の、様々な行動が観察できる場所、人と野鳥とがふれあう生物多様性の自然環境が目の前に広がっている。

この景観は、まさしく、「びっくりポン」
である。
多くの人たちは、伝えられなければ知るよしもない。

野鳥をはじめ生き物にとって、淀川の水・土・植物はオアシスであり、人にとっても淀川の水は、
生活用水、農業用水、工業用水など様々な水利用で恩恵を受けている。
また、人は、自然や
生き物にふれあい癒される。

 

高橋 理喜男氏(大阪府立大学名誉教授 造園学)によると、水や土、緑・森林の効用は、人間生活の福祉と健康とに効果のあるものであって、他の何物によっても代替しえないものとしている。

海老江干潟の自然のワンダーランドを一度訪れてみてはいかが!!

                                                                                                                                              [ 理事  清水 俊雄 ] 

淀川さんぽ~1~facebookにて動画公開

2015年10月16日

10月のよく晴れた日、淀川の河川敷を歩いてみました。
鳥や虫や魚の姿・鳴き声と、対岸梅田のビル群の動画をぜひフェイスブックからご覧ください。

夏の電力需要の結果からみる原発再稼働の不必要性

2015年09月24日

「原発再稼働の必要なし!! 真夏でも電力が余っている!?」

関電の、5月における、2015年電力需要予測のピーク需要は2791万kW、原発の再稼働がない場合自社では供給力が足りず、他社融通613万kWを受けて計2875万kWの供給力を確保するとしていました。
ところが、実際今夏のピーク需要は、8月4日午後4時15分に記録した2575万kWが最大値。
関電エリア2791万kWでも余裕の状態でした。
さらに大阪では、7月31日から8月10日まで連続して最高気温が35度を上回る猛暑日が続いている中で、予測を200万キロワット、原発2基分も下回っていました。

~減り続ける需要
1.東日本大震災を受けて節電が定着。
2.二度の電気料金値上げで企業が節電努力。
3.この夏のピーク需要を記録したのが、午後2時ではなく午後4時過ぎというのも、太陽光発電の普及やピークシフトの努力の結果。
4.関電からの顧客離れ。販売電力量の約6割にあたる特別高圧・高圧の契約では、電力会社を選ぶことができ、関電との契約を打ち切った自治体や企業の数は昨年度5375件にのぼり、2013年度2987件2012年度61件から急増中。

さらに来年は、低圧契約や一般家庭の契約「電灯」も自由化されます。環境にもお財布にも優しい電療の選び方について、検討しましょう。

OPEN会員 末田一秀さんより
詳しくは http://homepage3.nifty.com/ksueda/kusanone1508.html

facebook始めました!

2015年07月28日

6/6 第12回総会を開催しました。

2015年06月16日

2015年6月6日 第12回総会 (大阪府環境情報プラザ 研修室)

 

 大阪府民環境会議(略称:OPEN)が、自主事業のみで新たなスタートを切った1年の振り返りをしました。

 

 ネットワーク型団体として多種多様な得意芸を出し合ったOPENcaféECOもんツアーなどの実施で、さらに大阪の環境がどうなっているのかを行政との情報収集や、河川や大阪湾含めた環境保全・ヒートアイランドの防止など、大都会の環境を俯瞰的に見ていくことが必要ではないかなど様々な課題を、どう解決していくのかが2015年のやるべきことであると、総会後にフリーディスカッションしました。

 

    

 

 OPENは、まさに開かれた団体です。

環境団体から出発していますが、このままでは、地球温度があがり、大雨が続いたり食べ物にも影響があるのではないかなど関心のある方は、メールでご一報ください。