Home > What's New

What’s New

3/17淀川さんぽ~5~ 城北ワンド

2017年03月31日

 

よく晴れた早春の午前、私たちは大阪市営地下鉄谷町線太子橋駅(守口の手前)から城北ワンドと呼ばれている淀川の堤防に向かって歩いた。

 












 

淀川の土手でヨモギを摘んでいる女性に出会う。

タンポポ、ツクシ、ハコベ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリなどの春の草花が咲きだしていた。

 


























堤防の上から眺めると河川敷はブランケット工法(堤防の崩壊を防ぐため、グラウンドや公園などに利用)が目に入る。














一方、この河川工法は、河岸のエコトーン(沿岸帯)の自然環境(植物群落や水辺などの生き物)に影響を与えているのも事実である。河川敷のワンド・タマリ(本流に繋がっている湾や池)に向かって歩くと野鳥の生息域になっている。

























<城北ワンドで記録した野鳥>

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、アオサギ、カワウ、バン、オオバン、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、セッカ、ムクドリ、ジョウビタキ、ツグミ、ハクセキレイ、アオジ、スズメ。







 






<城北ワンドに生息していたイタセンパラ>

イタセンパラは、タナゴ属の淡水魚で天然記念物及び環境省レッドリスト絶滅危惧ⅠA類(CR)。淀川で生息数が多かったのは、1984年(S59年)、そして、城北ワンド群からイタセンパラが姿を消したのは2006年春とされている(大阪工大都市デザイン工学科 綾教授)。その理由として、外来種(ブラックバス、ブルーギル)などによる食害、人による密漁等が野生絶滅の原因ではないかと考えられている。また、野生絶滅というのは、淀川水系の遺伝子を持ったイタセンパラがまだ保護池に生存しており絶滅したわけではないとの検証がされている。

また、「淀川水系イタセンパラ研究所」によると淀川水系におけるイタセンパラの減少要因は、1970年代以降の約30年間にわたる河川改修によって多くのワンド・タマリと本流の流れや水位変化が失われたことだと指摘されている。

                     大阪府民環境会議  清水俊雄

12/12 淀川さんぽ~4~ 淀川左岸側の中津地区と 対岸(右岸側)十三・西中島地区

2016年12月22日

淀川さんぽ~4~ 1212日 淀川左岸側の中津地区と 対岸(右岸側)十三・西中島地区 編

 今年の締めくくりは、きゅっと身が引き締まる寒さの中、中津・十三西中島のヨシ原に生息する野鳥観察です。

 中津駅からマンション群を抜けて河川歩道に繋がる歩道橋をのぼります。都会の喧騒から風の音と小鳥のさえずり・地鳴きが聞こえるヨシ原の広大な群落が間近に見えるところです。11時の干潮前、エサを取るために数秒水に潜る様子がよく見えます。アオサギやカワウは日向ぼっこをしているかように見えます。

 

 

 ヨシ原群生で、『野鳥の会』が調査している絶滅危惧種のチュウヒを発見!このヨシ原を生息域(採餌場)にしているのか一羽が河口の方から飛んで来ました。優美な姿です。全国で300羽ほどしかいないそうです。写真撮影が出来なかったのが残念でした。私たち以外にも野鳥の写真を撮る方たちと出会い、撮影されたチュウヒを見せていただいたり、撮影ポイントの話をしました。

   

 

 対岸にいるカモを見るために、中津エリアから十三大橋を渡り、十三エリアのヨシ群落へ渡ります。
遊歩道で飛び交う鳥たちの以外な行動を発見。犬や猫などから身を守るためか案外人間に近い所で存在をアピールする鳥が、鳩以外にもいることでした。人工物に羽を休め、近づいても飛び立たないチョウゲンボウ(ハヤブサの仲間)です。茶褐色の羽でよく目立つので、見てほしい鳥です。

  
      チョウゲンボウ                    ハクセキレイ
       

 ヨシ原から、チュウヒが飛び立ち、マンションの方へ消えました。今日の観察はここまで。。
 

             
                  ホシハジロ と キンクロハジロ
        

  
      キンクロハジロ                      オオバン
 

この日の観察結果は、28種。 

カモ類:ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ

猛禽類:チュウヒ、チョウゲンボウ
その他鳥類:カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、オオジュリン、ハッカチョウ(篭脱け?)

  

 来年も淀川の自然をお伝えします。

 

 <編集後記:川べりのお洒落なお店にランチへ。ご飯の量は注文者が決め、残すと200円のペナルティ。
なかなかいいアイデアです。それから、幼児服のリサイクルコーナーもありました。環境を大切にするコンセプトを発信していることにとても共感しました。>

<お知らせ>事務局の電話番号が変わりました。

2016年07月28日

7月15日より電話番号が新しくなりました。

06-6195-9856 (FAXとも)です。

メールアドレス office@npo-open.org  は変わりません。

どうぞよろしくお願いします。

OPEN事務局の電話番号が変わります。

2016年07月01日

固定電話の切り替えにより、7月中旬より新規電話番号になります。

本日よりそれまでの間、電話が使えません。
以下の順でのご連絡をお願いいたします。

① eメール  office@npo-open.org

② FAX  06-6462-2775

③ 電話  090-8989-5182 (山口)

大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

新電話番号等詳細は、決まり次第お伝えします。(OPEN専務理事 山口百合子)

第1回説明会終了 6/26 天神祭をごみゼロに!ごみ調査隊募集中!

2016年06月02日

天神祭ごみ調査隊 ボランティアスタッフ 大募集!!

「天神祭のごみゼロを考える会」説明会開催!

日 時 : 6月26日(日)15:00~17:00

場 所 : 大阪府環境情報プラザ 1階研修室
     JR環状線または地下鉄「森ノ宮」駅下車 徒歩7分 府立成人病センター西へ

第1部: 祇園祭ごみゼロ大作戦の取組事例報告
      講師 太田航平さん(祇園祭ごみゼロ大作戦 副実行委員長、地球環境デザイン研究所ecotone代表理事)
第2部 : ボランティアの役割説明 
              ①祇園祭ごみゼロ大作戦 の参加(7月15・16日)
              ②天神祭のごみ実態調査(7月24・25・26日)

※上の日程の、どれか1日以上参加できる方

申込み・問合せ : 大阪府民環境会議 事務局
                        Mail : office@npo-open.org
        FAX : 06-7172-7016

チラシはこちら: 天神祭ボランティアチラシ

 1 2 3 4 5 6 次へ>>